この記事でわかること

  • 九州での卒業旅行をちょっとだけ楽しくする予備知識

豊かな自然に囲まれた九州は、魅力的な観光地が多く点在しています。学問の神様で知られる太宰府天満宮や新元号「令和」ゆかりの地、坂本八幡宮も九州・福岡の観光スポットです。

九州は日本の南側。積雪しやすいエリアは稀で、全体的に一年を通して比較的温暖で過ごしやすい土地柄といえます。

今回は

  • 交通機関
  • 観光地
  • アクティビティ(体験)
  • グルメ

という 4 つのカテゴリーを設け、おすすめスポットなどをご紹介していきます。

 

卒業旅行で人気の九州の交通機関

全国各地から九州に入る方法としては、

・新幹線
・飛行機

があり、主な玄関口は

  • 福岡空港
  • 博多駅
  • 小倉駅

となります。

福岡空港から福岡市街・九州各地へのアクセス

福岡空港は福岡市博多区にあり、マンションや住宅などが立ち並ぶ福岡市街地の中心部に位置します。そのため空港から主要目的地へのアクセスは非常に快適です。空港構内から直結している福岡市地下鉄を利用すると

JR博多駅 5分
福岡市地下鉄天神駅(九州最大の繁華街) 11分
福岡市地下鉄西新駅(百道・福岡タワー) 19分

で行けます。

また福岡空港国内線到着口(北)を出てスグのところにあるバス乗車場からは、福岡県内へはもちろん九州各県へ移動できる高速バスも出ていますから、便利です。詳細は下表です。

福岡県内 久留米/大牟田/柳川/小倉
大分 日田
佐賀 佐賀/伊万里/唐津
熊本 熊本/荒尾

博多駅から福岡市街・九州各地へのアクセス

博多駅は

  • 山陽新幹線及び九州新幹線
  • 鹿児島本線
  • 福北ゆたか線
  • 福岡市地下鉄

が通っています。また博多バスターミナルが隣接しています。

福岡市内 福岡市地下鉄か西鉄バス
佐賀 特急か高速バス
長崎 特急か高速バス
熊本 九州新幹線(約40分)
鹿児島 九州新幹線(約90分)

このように本州から九州各地への旅行なら一度、博多を拠点にするのもいいです。ただし熊本・鹿児島であれば新大阪-鹿児島中央間を走る〔さくら〕利用がオススメです。特急で博多から大分へ行く際は小倉経由となりますので、最初から小倉で新幹線を降りたほうが移動はグンと減り、時短できます。

また福岡から宮崎方面へのアクセスは正直、不便です。宮崎ブーゲンビリア空港に降り立つか大分、熊本、鹿児島からレンタカーなどで足を延ばすくらいが、ちょうどいいのかもしれません。

小倉駅から北九州市街・九州各地へのアクセス

小倉駅は北九州モノレールと連絡していますし、西鉄バスのほか北九州市営バスもありますので、それで北九州市内を移動します。また前述したとおり大分に特急で向かう、(本州ではありますが)隣の山口(特に下関)に行くにも便利といえます。

JR九州では早めにきっぷをネット予約するとかなりお得です。九州に卒業旅行へ行くと決めたらぜひ、公式サイトでチェックされてくださいね。

 

卒業旅行で人気の博多や長崎など、九州観光地10選

1.糸島エリア(福岡県糸島市)

福岡市中心部から車で30分ほどの場所にある糸島。週末になると福岡はもとより九州各地から若者が訪れる人気フォトジェニックスポットとなっています。ここでは糸島でオススメのスポットを2つご紹介します。

①桜井二見ヶ浦

海岸に立つ真っ白な鳥居と、その後方に仲睦まじく佇む夫婦岩と一緒に写真に収める方が多いです。夫婦岩は「縁結び」「夫婦円満」のシンボルとされ、夕陽がキレイに映える場所としても有名です。

②白糸の滝

福岡県糸島市と佐賀県佐賀市の境に位置する羽金山(はがねやま)。その山頂とふもとの中間に落差24mを誇る白糸の滝があります。白い糸のような水流と周囲のグリーンのコントラストがなんともいえません。

2.光の道(福岡県福津市)

宮地嶽神社から海岸までまっすぐに伸びた階段、参道、公道を、沈む夕陽が綺麗に照らすことで出現する一直線の光の道。嵐の5人が出演したCMで広く知れ渡るようになり、出現する時期になると神秘的な光景を一目、見ようと地元民から観光客まで実に、多くの人で賑わうようになりました。

福岡市からJRとバスで徒歩移動含め1時間ほどの場所にあり、10月と卒業旅行シーズンの2月が見頃とされています。私は二度ほど無料席で見ましたが14時頃から並び整理券をもらったあとも夕暮れ時、案内があるまでずっと待たなければなりませんでした。ベストスポットは無料席よりも高い場所から見れる有料の祈願特別席でしょう。詳細は宮地嶽神社にお問い合わせを。

また宮地嶽神社は光の道だけではなく日本一を誇る大注連縄、大太鼓、大鈴も有名で、御本殿参拝のほか奥之宮八社巡りもオススメです。

3.門司港駅・門司港レトロ地区(福岡県北九州市)

国の重要文化財でもある門司港駅。数年にわたる改修工事を経て、大正3年に建てられた当時の姿に復原され、今年春にグランドオープンしたばかりです。

どこか懐かしい素敵な建物でありながら自動券売機、自動改札とまさしく過去と現在がうまくミックスされた空間となっています。大正レトロ風のスターバックスもここだけでは? また門司港駅だけではなく周辺もレトロな雰囲気で

  • 旧門司三井倶楽部
  • 旧大阪商船
  • 旧門司税関

なども要チェックです。また近くには渡船場もあり本州(山口県下関市)に渡れます。船を降りてスグの唐戸市場などで海の幸やふぐを楽しむのもアリです。

4.真玉海岸(大分県豊後高田市)

真玉海岸は日本の夕陽百選にも選ばれており、干潮時、縞模様となって現れた干潟と地平線に沈んでいく夕陽がつくりだした光景は、とても神秘的です。

真玉海岸に行かれるなら、晴れた日の干潮時に行きましょう^^

5.ハウステンボス(長崎県佐世保市)

ハウステンボスは、ヨーロッパはオランダの街並みを摸したテーマパーク。2019年秋~翌年GWまで世界最大1300万球を使用したライトアップ『光の王国』が開催される予定で、佐世保に1泊しハウステンボスの煌めく夜景を、存分に楽しむプランもよさげです(私も行きたい!)。

6.長崎ランタンフェスティバル(長崎県長崎市)

長崎ランタンフェスティバルはかつて、新地中華街の人々が春節の訪れを祝う行事でしたが今や、長崎の冬の風物詩として定着。

赤や黄色のランタンで映えた長崎の街の美観を見ようと、長崎市民だけではなく九州各地から人が訪れます。週末は思いのほか混雑しますので、スーツケースはホテルなどに預け携行する荷物は必要最低限にし、寒くない恰好で出かけてくださいね。

7.大観峰(熊本県阿蘇市)

標高936mの外輪山の最高峰で、阿蘇五岳やくじゅう連山を一望できる絶景スポット。冬は雪景色が、春は幻想的な雲海も期待できます。ただし山の天気は変わりやすく、平地に比べると冷え込みますから、荒天時は避け防寒し、明るい時間帯に行くようにしてくださいね。

8.鍋ヶ滝(なべがたき 熊本県小国町)

熊本県小国町にある鍋ヶ滝。落差は10m、幅20mでその姿はまるでカーテンのようです。「裏見の滝」ともいわれ、裏側から眺めることもできます。冬は氷柱(つらら)が見られることでも有名です。例年3月終わりから4月初めあたりにライトアップイベントも実施されています。

9.高千穂峡(宮崎県高千穂町)

宮崎県の最北端、大分県境近くに位置する高千穂にあり、はるか昔、阿蘇山から噴出した火砕流が五ヶ瀬川に流れ、急激に冷やされてできたとされている峡谷です。なかでも日本の滝百選に選ばれた真名井の滝は必見です。また天孫降臨の地としても知られています。

10.佐多岬・雄川の滝(鹿児島県肝属郡南大隅町)

できるかぎり九州の奥の奥まで行きたいと思ったグループにオススメしたいのが九州最南端の佐多岬です。肝属と書いて「きもつき」と読みます。晴天日なら壮大な青い海、そして屋久島や種子島を見ることもできます。またほど近くにある落差46m、幅60mの滝で、エメラルドグリーンの滝つぼが美しい雄川の滝もオススメです。

 

卒業旅行で人気の九州のアクティビティ

クルージング

博多湾クルージング(ソラリアリゾートシップマリエラ) 福岡市博多区のベイサイドプレイスから博多湾を周遊できます。ランチクルーズ、ディナークルーズのほか、乗船だけのプランもあります。

 

温泉

別府温泉(大分) おんせん県大分が誇る別府八湯(はっとう)のひとつ。浜脇、別府、亀川、鉄輪(かんなわ)、観海寺、堀田、柴石、明礬で別府八湯といいます。入湯前に必ず別府市内のコンビニで売られている旅館の無料入浴券や割引券も付いた温泉本をゲットしてくださいね。
汐湯(佐賀) 糸島エリアの観光を終えたあと、佐賀県唐津市まで足を延ばせば「汐湯」を堪能できます。海水をろ過・加温しためずらしい湯で「美人の湯」ともいわれています。
杖立温泉(熊本) 大観峰や鍋ヶ滝に行ったあとにオススメなのが、小国町にある杖立温泉です。98℃という高温の源泉と蒸気が特徴で、湯治として利用する方も。弱アルカリ性のお湯で肌にいいと評判です。
砂むし温泉(鹿児島) 佐多岬を観光したあとフェリーに乗り指宿へ。その気持ちよさをぜひとも体験していただきたいのが砂むし温泉です。湯船に肩まで浸かるのと同じように体の芯まで温まり、汗と老廃物を流せてスッキリできます。

ショッピング

天神・大名エリア(福岡) 九州最大の繁華街が天神です。岩田屋をはじめ三越・大丸といった百貨店、福岡パルコ、イムズ、ソラリアプラザなど実に多くの商業施設が集約しています。そのお隣の大名は九州の流行発信地といえ、オシャレな若者が集まっている場所です。
鳥栖プレミアム・アウトレット(佐賀) 有名ブランドやメーカーが多数、出店しておりアウトレット価格で安くお買い物ができます。西鉄天神高速バスターミナルから直行バスも出ています。
下通アーケード・上通アーケード(熊本) 熊本城近く、熊本市中心部にある繁華街。雨の日も濡れずにお買い物ができます。

・セレクトショップ

・ハンドメイドのお店

など隠れた名店もあります。周辺含めぜひ探してみてくださいね。JR熊本駅で降りたら熊本市電で移動し「通町筋(とおりちょうすじ)駅」で下車します。

 

卒業旅行で人気の九州のおすすめグルメ

ラーメン(博多・久留米・熊本・鹿児島)

屋台もいいのですが、有名店や人気店なら各所に店舗があるため「ラーメン食べたい」と思われたら、スマホマップで経路検索して近くの気になったお店に入るのもわるくはありません。

九州は基本的にどこでも「とんこつスープ」と細い麺の組み合わせです。郷に従うなら麺の硬さはカタがオススメで、ぜひ替え玉(麺のおかわり)も! カタは最上級の硬さではなく

←やわらかい ヤワ/普通/カタ/バリカタ/ハリガネ/粉落とし かたい→

があり、私はハリガネを好んでよく食べています^^ あとは博多流、紅しょうがとゴマの投入をお忘れなく!

とんこつラーメンといえば博多や長浜のイメージが強いですが、久留米、熊本、鹿児島も有名で、私たち九州人はラーメンを食べるためだけに各地へと遠征することもあります。

どうしても「とんこつスープが苦手」「やわらかい麺がいい」という方はラーメンよりも温かいうどんがよかよ。博多のうどんは透き通っただしスープにやわらかいうどん麺がセットです。よそでは見られないご当地トッピングの『ごぼ天』もぜひ、チェックしてくださいね!

豚バラ

博多の焼鳥としてとり皮も有名になりましたが、ごくごく最近のことです。一番オーソドックスで昔から人気がある串は豚バラで、「バラ5本ください」などで注文は通じます。

一度県外(本州)の焼鳥屋に入ったときにキャベツが『突き出し』として出され、しっかりと料金を取られたことにカルチャーショックを受けた私。九州の焼鳥屋ではキャベツは無料でおかわりもできます。

カキ小屋(糸島エリア)

観光地の章でご紹介した糸島。その人気冬グルメのひとつに焼き牡蠣があります。糸島市内の漁港で採れた糸島カキを新鮮なまま、小屋内に設置された焼き網で、セルフで焼いていきます。

調味料など持ち込み自由であるところも多く、ぽん酢、しょうゆ、マヨネーズのほかレモンもおいしさを引き立てますのでオススメです。牡蠣のほかホタテやイカなど、注文すれば食べられるお店もあります。

焼きカレー(門司港レトロ地区)

同じくオススメ観光地の門司港レトロ地区。ここで食べられるのがカレーライスにチーズを乗せオーブンで焼いたアツアツの焼きカレーです。昭和30年代に生まれてから半世紀以上、門司港名物として親しまれています。

佐世保バーガー(長崎)

ハウステンボスがある佐世保のご当地グルメが佐世保バーガーで、佐世保駅周辺など実に多くのお店があります。地元食材でつくられたハンバーガーをぜひ!

トルコライス(長崎)

私のなかでは長崎市内での食事といえば、中華街またはトルコライスのお店の2択になります。

・ピラフ
・ナポリタンスパゲティ
・トンカツ
・カレーソース

を一度に味わえる贅沢をぜひ、卒業旅行で体験されてくださいね。

あか牛(熊本)

ここ数年、赤身肉がブームですが阿蘇で放牧され育ったくまもとあか牛は、赤身が多くうま味があり、やわらかくてヘルシーです。国内の牛肉消費量を見てもあか牛は1%未満とかなり少なく、九州・阿蘇に立ち寄ったからには一度ぜひ、そのレアなお肉を味わってほしいです。

馬刺し(熊本)

熊本のアーケード街でショッピングを楽しんだあとは周辺の飲食店でぜひ、名物の馬刺しを堪能していただきたいです。新鮮で、臭みがない馬刺しの歯ごたえ食感を楽しんでくださいね。

 

九州卒業旅行をより充実したものにしてくれる書籍・本

福岡から行く 大人の日帰り旅(JTBのMOOK)

九州旅行の起点としやすい福岡。そんな福岡から九州各地に日帰りで行ける場所を完全網羅しています。滞在すべきホテルは福岡に確保して佐賀、長崎、大分、熊本まで遠出するプランのご参考に。900円+税

 

まとめ

豊かな自然に触れることができ、美味しい料理も堪能できる九州。

ぜひ卒業旅行先の候補のひとつとして、検討されてみてくださいね! 待っとうよ!!