自宅から離れて寮生活になる期間工の仕事では、食事面でもどんな生活になるかが気になる人も少なくありません。

ここでは、期間工で働く上での食事の方法や、食堂の内容や値段についてご紹介します。期間工の食事面が気になる人もぜひ参考にしてください。

期間工は普段どのような方法で食事を取るのか

期間工は寮生活になるため、一人暮らしと同じように食事は自分で確保しなければいけません。

期間工従業員は、工場での勤務や寮生活でどのような食事をしているかについてご紹介します。

食堂を利用する

一般的な期間工の食事方法が食堂の利用です。期間工の工場には、格安で食事が提供される食堂がそろっていることも多いです。

工場での勤務中に利用できるだけでなく、寮にも食堂が完備されている期間工メーカーもありますので、毎日違った食事を食べられます。

仕出し弁当を注文する

期間工の中には、仕出し弁当を注文できるところもあります。

食堂も完備されていてどちらか選べることもあれば、工場に食堂がないため仕出し弁当を設けているところもあります。
仕出し弁当は注文制で毎日違ったお弁当が休憩時間になると届き、自分の分を受け取るシステムです。

工場や寮の近くのコンビニなどで購入

工場や寮の近くにスーパーやコンビニがあれば、お弁当やお総菜などを購入して食事をとる方法です。

また、有名メーカーなら工場や寮の中にコンビニや売店が入っていて、食料品を購入できるようになっているところもあります。

コンビニやスーパーで食事を購入するのは期間工ならではでなく、一人暮らしの人も利用している食事の方法です。

ただし、工場や寮の近くに何もない場合は買い物もできませんし、工場内にも売店が備え付けられていないこともあります。その場合は当然食堂や仕出し弁当などの企業が提供する方法で食事をするか、自分で作るかになります。

自炊をする

期間工の寮の中には、簡単な料理ならできるミニキッチンが備え付けられているところもあります。
食材を自分で購入すれば、自炊をして寮の部屋で食事を取ったり、工場にお弁当として持ち込んだりもできます。

ただし、寮によっては火事を防止するためあらかじめコンロなどが備え付けられていない、自炊禁止のところもあります。また、工場でも安全面を考慮してお弁当の持ち込みが禁止されているところもあります。

また、自炊をするには食材を保管するための冷蔵庫も必要になります。期間工の寮には冷蔵庫が備え付けられていることがありますが、いずれもワンルームタイプで使用する小さめの冷蔵庫であることがほとんどです。
冷凍庫もありませんので、自炊や作った食材を冷蔵や冷凍で保存するには、冷蔵庫を別途購入する必要があります。

以上の理由から、期間工の食事は食堂があれば食堂を利用している人がほとんどです。

次に、期間工で利用できる食堂とはどのようなものかについてみてみましょう。

 

期間工の食堂の食事内容や値段について

期間工の食事の基本になる食堂の、食事内容や値段についてご紹介します。

毎日違うメニューが格安で食べられる

期間工の工場にある食堂は、毎日格安で違ったメニューが食べられるとてもありがたい設備です。
料金はメーカーによって異なり、例えばトヨタなら500~1,000円程度です。
多くの場合数百円程度で充実した食事が食べられると考えて良いでしょう。

さらに、提供されているメニューは日替わりも多く、白米+おかず+汁物の定食もあれば、うどんやラーメンなどの麺類もあります。

メニューの実物が展示されているところも多い

期間工の食堂は、実際に出される食事の実物がサンプルとして展示されているところも多いです。

注文する前に実際のメニューが確認できるので、食事としての楽しみも増えます。
さらにメニューの名前や品目だけでなく、栄養成分やカロリーなども表記されている場合もありますので、健康面で食事に気を付けたい人にも安心です。

白飯はセルフでおかわりや大盛も自由のところも多い

期間工は体力もたくさん使う仕事ですので、当然仕事をすればお腹がすきます。
さらに、期間工は働き盛りの若い男性も多く働いています。当然たくさん食べたい男性が多いため、期間工の食堂では白飯がセルフになっている場合が多いです。おかわりをしたり、大盛にしたりもできます。

逆にあまり食べたくない時には少量だけにすることもできます。

工場だけでなく寮についていることもある

期間工の食事面で大きなサポートとなる食堂は、工場だけでなく寮についている場合もあります。
例えばトヨタは工場だけでなく寮にも食堂がついているため、勤務前後で食事を取りたい時にも活用できます。

基本的に自炊には適していない期間工の生活でも、食堂があるため食事面での心配はほぼないと考えてよいでしょう。

 

食事面で納得の期間工求人を見つけるには

地元や実家を離れての生活になる期間工の仕事では、食事面での楽しみも重要です。

期間工の食事面で納得の期間工求人を見つける方法は主に2つあります。

公式サイトを含めて期間工の食事に関する情報を得る

トヨタやスバルなど、期間工の募集の専用サイトを設けている場合は食堂を含めて食事面での待遇を記載していることがあります。

メーカー企業の公式な情報なため、信ぴょう性が高く参考になります。

ただし、全ての期間工メーカーが期間募集のためのサイトを設けているわけではなく、食事面に関する記載をしているとは限りません。

さらに、公式サイトではなく実際に期間工として働いた人のブログなどを参考にする方法があります。
ただし、食事面を含めて待遇面での条件は時間の経過とともに変わる場合があります。
もしもブログなどの情報が古い場合は、食事面での待遇が変わっている場合があります。

さらに、ブログを書いた人が本当に期間工で働いたことがあるかもわからないため、情報の量は多くても、正確性は公式サイトよりはかけてしまいます。

期間工支援サービスで食事面の待遇を聞く

期間工求人の紹介から採用までのフォローまで行っている、期間工支援サービスを利用する方法です。

期間工支援サービスは、求人の紹介や採用までのサポートが受けられるだけでなく、応募するまえの期間工求人に関しての相談もできます。

例えば、気になる期間工求人があったとしても、具体的な食事面でのサポートは整っているのかが気になる人も少なくありません。

期間工支援サービスなら、食堂の有無や仕出し弁当、売店やコンビニなど食事面ではどのようなサポートや施設をそろえているかも聞くことができます。
特に、初めての一人暮らしや期間工の食事面で心配事がある人は、応募前に具体的な食事面に関する待遇を聞いておけば、安心して期間工求人に応募できます。

また、逆に「どうしても自炊がしたい」という人が、自炊も可能な期間工求人を探すといった使い方もできます。

 

まとめ 食事面でも納得できる期間工求人を探して応募しよう

期間工の仕事や寮生活における、食事面についてご紹介しました。

期間工の食事には食堂や仕出し弁当などの方法を企業が用意していることが多いですが、必ずしも全ての期間工でこれらの食事面のサポートが整っているわけではありません。

さらに、赴任生活の中では食事も生活の中で重要な要素でもあり、楽しみでもあります。
期間工支援サービスを上手に利用すれば、食事面でも安心して働ける期間工求人を見つけられます。