期間工の仕事は学歴や職歴不問、かつ短期間でも高収入が得られる仕事です。
とはいえ、期間工の収入は日給や基本給に加えて、一般的な仕事とは違う手当も豊富にあるため、具体的にはどのくらいもらえるかが分からない、という人も少なくありません。

ここでは、期間工の収入を決める上で重要になる、期間工の給料や手当の種類、内容をご紹介します。

期間工の基本的な給料を決める手当とは

期間工の給料は、基本給に加えて各種手当がつきます。

さらに手当も毎月もらえるものから一定期間、または条件を満たしたものまであります。

最初に毎月の「月収」を決める、期間工の基本的な給料を決める日給や手当について見てみましょう。

時給・日給

時給は期間工の仕事が一時間あたりどのくらいか、日給とは期間工で働くと一日あたりどのくらいの給料がもらえるのかを表しています。

実際に働いた時間×時給で支払われるところもあれば、あらかじめ決められた日給が支払われるところもあります。さらに、月給は時給×月に働いた時間数、または日給×月に働いた日数で計算されて支払われます。

残業手当・時間外手当

残業手当とは、一日に決められた時間外まで勤務をした分、または8時間を超えた分に時給や日給とは別に付帯される手当です。

夜勤・時間帯手当

深夜や早朝などの決められた時間帯に勤務した場合に付帯される手当です。
該当する時間帯+〇円、または×〇%という形で支給されます。

休日出勤手当

略して休出手当とも呼ばれます。休日に勤務した場合に付帯される手当です。

交代手当

2交代、または3交代などのシフトで働いている場合、交代手当として月に決められた額が支給される期間工メーカーもあります。

 

一定の条件を満たすと支給される、期間工ならではの手当

働いた期間や経験など、一定の条件を満たすと支給される期間工ならではの手当も豊富にあります。

期間工ならではの手当にはどのような種類があるのか内容とともに見てみましょう。

満了慰労金

期間工は働く契約期間が決まっている仕事ですが、その契約期間を満了まで働いたときに支給される手当として「満了慰労金」があります。

メーカーによって「契約更新〇ヶ月ごとに」と支給される額やタイミングが決まっています。

契約期間を長く働けば働くほど支給される額は高いため、満了慰労金が支払われることが、期間工が高収入の仕事である理由のひとつと考えられます。

ただし、満了慰労金が支払われるのは遅刻や無断欠勤をしないなど、勤務面での条件が付帯されている場合もありますので、注意しましょう。

赴任手当

期間工は自宅や地元から離れて、工場の近くにある寮に入って生活します。

期間工の企業によっては、自宅から離れて寮生活をすると、赴任手当が支給されることがあります。
赴任手当の額や支給のタイミングは企業によっても異なります。

経験者手当

経験者手当を設けている企業の場合、支給される条件は企業によって異なります。

主な経験者手当が支給される条件は以下のうちのいずれかです。

・満了慰労金と同じく、一定期間同じ期間工の職場で働いた場合
・過去同じメーカーまたは同じ工場で期間工として働いた経験がある場合
・メーカーや企業問わず、期間工としての経験がある場合

また、経験者手当とは別に特別な資格や技術を持っている場合には日給などが優遇される場合もあります。

皆勤手当

決められた勤務日を無遅刻無欠勤で働いた場合、勤務した月ごとまたは定められた期間によって皆勤手当を支給する企業もあります。

夏期手当・正月手当

期間工の休日は企業カレンダーに則っているところが多いため、基本的には土日休み、夏期や年末年始休暇を設けているところが多いです。

夏期休暇や年末年始休暇に入る前後〇日に勤務した場合や、年明け最初の勤務日などに出勤すると、夏期手当や正月手当がつく場合があります。

 

福利厚生面での手当について

期間工で支給される手当の中には、ただ単に仕事をしている上で支払われるだけでなく、食事や生活費などの福利厚生面で支給される手当もあります。

生活をサポートする手当にはどんなものがあるかを解説します。

食事手当・食事補助

期間工の食事は工場や寮に併設されている食堂を利用する人も多いです。
この食堂での食費を補助するための食事手当や食事補助が支給される場合があります。

食堂の食事は数百円程度のリーズナブルでおいしい食事なのですが、さらに食事手当が支給されれば、食費はほぼかからない期間工の求人もあるのです。

赴任旅費・帰任旅費

期間工として働くときには、当然自宅から工場の寮のあるところまでの交通費がかかります。

遠方から来た場合には旅費だけで数万円かかることがあり、旅費がかかるので赴任できない、という人も実はいます。
そのため、企業側が期間工従業員に赴任時にかかった旅費交通費を実費で支給しているところも多いです。

なお、契約満了時に限って、工場から自宅に帰る時の旅費も一緒に負担してくれるところもあります。

家族手当

一般企業のサラリーマンは、妻や子供などの扶養する家族がいる場合は、家族手当が支給される場合も多いです。実は有期契約である期間工でも、扶養する家族がいる場合には家族手当が支給される企業があります。

帰省旅費

期間工の休日を利用して、地元に帰って家族や友人、恋人と過ごす人も多いです。
一定の条件を満たすと、期間工で働いている間に決められた回数のみ、地元に帰る時の帰省旅費を支給してもらえる期間工の企業もあります。

 

期間工の選考会参加や入社が決まっただけで支給される手当とは

期間工の求人に応募すると、面接を受けるために企業の期間工選考会に出席します。

実は、この企業の期間工選考会に参加したり、応募した期間工の求人に採用されて入社が決まったりするだけで「参加費」「入社祝い金」が支給されることがあります。

ただ求人に応募して採用されるだけで支給されるので、より多くのお金が支給されることになります。

参加費や入社祝い金を支給されるには、ただ期間工の求人に応募するのではなく「期間工支援サービス」を通じて求人に応募、採用されなければいけません。
参加費や入社祝い金は、期間工支援サービスが設けている独自の支給手当のため、直接企業の期間工サイトを通じて応募したり、ほかの求人媒体を利用して採用されたりしても、当然支給されません。

よって、期間工で仕事を始めるときには、期間工支援サービスを通じて採用された方がお得なのです。

期間工支援サービスを利用すると、ほかにも期間工求人の紹介や採用までのフォロー、対策が受けられます。
期間工の給料や手当についての相談もできるので、もっと高収入が得られる期間工求人を探したい、といったときにも利用できます。
また、期間工支援サービスによって、参加費や入社祝い金が支給される企業や金額が異なりますので、こちらも合わせて確認するようにしましょう。

まとめ 期間工の手当を活用して高収入を得よう

期間工の基本給が決まるポイントや、期間工ならではの手当、福利厚生面での手当についてご紹介しました。

魅力的な手当が豊富な期間工求人に応募すれば、より高収入を得られます。

さらに、選考会参加費や入社祝い金がもらえる期間工支援サービスを通じて求人探しや採用されると、もっと高収入を得ることもできます。