「正社員は拘束時間が長いしマネジメントが求められるのでフリーターよりもつらい」
こんな考えを持っていませんか?

しかし実際には正社員のほうが楽なことも多いです。
フリーターの中には「正社員は大変そうだからフリーターのままでも良い」と考える人は多いでしょう。

実際、正社員になる前までは自分も同じような考えを持っていました。
しかし実際に正社員を体験してみると、フリーターのほうが大変なことが多いことに気づいたのです。

この記事では、正社員がフリーターよりも楽である理由を、実体験から得た知見により紹介いたします。
正社員が楽な部分、正社員でつらかった時期についてもリアルな体験談を載せていますので、フリーターから正社員を目指す人の参考になれば幸いです。

正社員のほうが楽だと感じた理由

正社員のほうが楽だと感じた理由は、自由にできることが増えたからです。

お金はもちろんのこと、仕事も同じことの繰り返しではないし、フリーター時代のように自分の仕事に対していちいち上司から指摘されることも減ります。

フリーターより正社員のほうが楽だと感じた具体的な理由には以下があります。

お金に余裕ができて好きなものを買えるようになった

フリーターよりも正社員のほうが楽だと感じた最大の理由はお金の自由さです。

フリーター時代はお金がなくて好きな遊びができず、おいしいものが食べられずに我慢の連続でした。
徐々にストレスがたまってしまい、ストレス解消をしたくてもお金がないので思い切り遊べないことが多かったです。

正社員であれば友人と飲みに行くのも、遊びに行くのも、趣味にお金を使うのも自由です。

普段から自由に生きたいと願うのなら、フリーターよりも正社員の方が向いているのではと考えています。

仕事の自由ができて飽きなくなった

フリーター時代の仕事は、社員から指示されたことをただこなすばかりで飽きていました。

しかし、正社員であれば自分で考えて仕事をこなせるため飽きないような工夫がしやすくなります。
正社員はフリーターと違って仕事の半分程度は自分で決められるので、自由性が高くストレスが溜まりにくい状況でした。

フリーターだと社員から細かい指摘をされて苛立つことも多いですが、社員になればいちいち上司から指摘されることは少なくなります。

逆に自分がフリーターに指摘をするため罪悪感が生まれることもありますが、上司から細かく指摘されてしかもそれが的はずれだった時のいらだちに比べれば大した問題ではありません。

正社員の仕事の大変さは慣れる

フリーターに比べて正社員は忙しいことが多いのは間違いありません。
場合によってはフリーターのときの2倍近い仕事をこなさなくてはいけないでしょう。

しかし仕事が増えたとしてもいずれ慣れて気にならなくなります。
最終的にはフリーター時代と変わらない労力で仕事をこなせるようになりますので、仕事量の差は問題となりません。

もし仕事に対する労力が同じなら、給料が高くて仕事の自由がある正社員のほうが魅力的に映りませんか?
正社員につらい時期があるように、フリーターを続けていてもつらい時期は必ず来ます。

最終的には、フリーターだろうと正社員だろうと楽しい時期とつらい時期が同じくらい来るのですから、少しでも給料が多くて仕事が楽しくなる職種を選んだほうが良いのではないでしょうか。

どんな環境であっても慣れてしまえば精神的な労力は変わらないということを、社員になったことが無いフリーターは知らないのです。
だから社員になりたいくないと考える人が多いのでしょう。

実際に社員になった人の多くは、フリーター時代よりも良かったと考えることが多いです。
また、正社員ならいつでもフリーターに戻れますが逆は簡単にはいきません。
その選択肢の多さも正社員が楽である理由の1つとなります。

 

正社員のつらい時期の出来事

この項目では正社員でつらかった時期の出来事をお話します。
最終的にはフリーターと正社員の労力は同じにあると言っても、つらい時期の内容は異なります。

正社員ではどんなつらさがあるのでしょうか。

社員になった直後は、1年くらい「こんなこともできないのか」と言われ続けた

フリーターから社員になると必ず言われる言葉の1つでしょう。
社員はフリーターの誰よりも優秀でなくてはいけないというイメージが周囲にはあります。
誰もができて当然という仕事で失敗した日にはひどく責められるでしょう。

しかし人間ですから他人より劣る部分なんていくらでもあります。
社員を続けていくうちに信頼を得ていって周囲の声は変わってきますが、最初の1年はどれだけ必死に頑張ってもこのような声に晒され続けました。

とはいえ、この経験があったからこそ、ささいな嫉妬やプレッシャーを気にしなくなったというメリットもあります。

社員になって1年ほど努力した結果、環境が変わったことをきっかけとして周囲の評価は一変しました。
周囲からのプレッシャーから開放されて自由に行動した結果、上司に認められるようになり気づいたら誰もが頼ってくれるような人物となっていました。

環境が変わって半年後に元の職場に戻りましたが、その頃には再評価されていて多くの人から頼られるようになりました。
どうやら離れていた半年の間に他に対処できる人がいない問題が多発していたようでした。
当初は名ばかりだった社員という立場でした。
しかし気づいた時には名実ともに立派な社員となっていたようです。

その後はフリーター時代とは比べ物にならないほど楽しい時期が数年は続きました。

 

正社員は努力した先に楽がある。努力しなければ楽にはなれない

基本的にフリーターであろうと社員であろうと、努力をしなければつらい時期が続くだけです。
楽になりたいのならある程度の努力は必要でしょう。

しかし努力ができるのであれば、フリーターよりも正社員のほうが格段に楽をできます。

ただし注意してほしいのは、楽になってから怠惰な生活を送っていてはいけないということです.
怠惰になると半年後にツケを払うことになります。怠惰なツケの支払いは逃れられないもののようで、怠けていた分だけつらい時期が続きます。

楽になるために正社員になっても、努力し続けなければ楽になれないというジレンマがあるでしょう。
かといってフリーターとして怠惰な生活を送っていてはいずれツケを払わされます。
フリーターは期間限定のアルバイトやパートですので唐突に契約を打ち切られるリスクもありますし、実際にそういった現場を見てきました。

退職するまでとはいかなくても、業績不振という理由で会社から就業時間を削られてしまい生活ができなくなることもあります。
努力しなければ楽はできません。

しかしフリーターがいくら努力しても正社員ほどの楽は得られません。
なら、最初から正社員として努力して楽な生活を目指したほうが良いと考えています。

 

まとめ

基本的にフリーターより正社員のほうが楽です。
ただし楽をするためにはつらい時期を乗り越える努力が必要です。
努力ができないと思うのならフリーターでも構いませんが、フリーターでいる限り楽をすることは一生できません。
また、努力して楽な生活を手に入れても、怠惰になるとやがてツケを支払うことになります。

楽をするために努力し続けることが求められるというのが、フリーターや正社員に関する事実です。
正社員として適度な努力をしながら苦労しない程度の楽な生活を送る。これが最も過ごしやすいライフワークではないでしょうか。