フリーターに未来はないと考えている人は多いでしょう。
しかし正社員に未来があるかといえば疑問を抱く人がいるのではないでしょうか。
「もしかすると正社員になっても将来は真っ暗で苦労するだけではないのか」

そんなことを感じているフリーターのために、この記事では「正社員の未来は明るのか?」についてまとめました。

実際にフリーターから正社員に転職して店長となった経験から、先輩社員たちのリアルな姿と会社の実情を語っていきます。

正社員となった上司たちは希望に満ちてはいなかった

フリーター時代から合わせると10年近くいた会社があります。
最終的には正社員、店長と出世しました。
仕事をするうちに数多くの先輩社員や上司の姿を見てきましたが、希望に満ちあふれた上司はほとんどいませんでした。

なぜ上司たちは光が消えた瞳で仕事をしていたのでしょうか。

組織改編、リストラ、業務の増加など将来は悪化の一途

多くの企業では売上は横ばいあるいは下降していることでしょう。
業績改善のために組織再編をおこなうのですが、その際にリストラや業務の増加が起こります。
正社員として30年勤めていた人物でもリストラで退職を余儀なくされるでしょう。
実際に見てきた中では業務量に耐えきれずに辞める人も多かったです。
組織改編にともなって未経験の業種に異動され、仕事になじめずに辞めていく例などをたくさん目にしました。

業績が改善しない限り、正社員であってもこういった宿命からは逃れられません。

だったら、安定こそしないけれどフリーターで自由に生きたいと考えるのも当然でしょう。

人手不足の問題

日本ではここ数年、人手不足が深刻化しています。企業は人員を補うために非正規雇用者を増やしたり積極的に採用をしたりしています。
このため正社員になれる可能性も高くなっており、いずれは簡単に正社員になれる日がくるかもしれません。

一方で、現在の正社員は人手不足によって業務量が異常なほど増加しています。
かつてはマネジメントだけをしていれば良かった管理職でも、現在は平社員と同じようなプレイヤーとしての業務まで並行して求められています。

人員不足の負担は正社員に向かいやすく、今後も仕事量が減る可能性を感じないからこそ先輩社員たちは将来に希望を見いだせなかったのでしょう。

 

自分にしかできない仕事がある人は成功している

希望がないと思われる正社員ですが、実はそうでもありません。

会社に依存してしまったり、誰でもできる仕事をこなしたりする正社員に未来はありません。

しかし、会社内でその人にしかできない仕事があるのなら別です。
代わりがきかない人材に対しては会社も十分な給料や待遇を与えます。
こういった人の場合は将来に対する不安も少なく、苦労する多くの正社員とは事情が異なるようです。

「正社員になれば安泰」は嘘

世間では正社員になれば将来も安泰というイメージがあります。これは嘘です。
リストラはもちろんのこと、正社員だから職を失う心配がないというわけではありません。

企業は社員の負担を増やして退職させることがある

リストラ以外でも、業務量を増やしたり誰もが嫌がる仕事を与えたりすることで企業は社員を退職させようとすることがあります。
もちろんこれは違法ですが、現実におこなっている企業は珍しくないようです。
正社員時代には「もしかしてそうではないのか」という例を何度か見かけた経験もあります。

中小企業だと会社が倒産して職を失う危険もあるでしょう。
また、退職しなかったとしても精神的に追い詰められて仕事をするのが難しくなることもあります。

たとえ職を失わなかったとしてもこれでは安心して働くことはできないでしょう。
正社員は世間で言われているほど安泰ではありません。

 

それでもフリーターに比べて安定した収入を得られるメリットが強い

これだけの悪条件があろうと、正社員がフリーターに比べると安定しているのは確かです。
だからこそ、どれだけ仕事や人間関係が苦しくても正社員にこだわる人がいるのです。

正社員なら給料が増えて買い物が自由にできますし、他人から指図を受ける機会も減って仕事がやりやすくなるかもしれません。

フリーターに比べて負担は増えますが、自由に動けるという魅力が正社員にはあります。

フリーターで悩んでいる人、正社員で悩んでいる人の両方を見てきました。
どちらも悩みの大きさに違いがないため、最終的には正社員で働くほうが楽ではないかと思います。
ただし「正社員は安定した職種だ」と信じこまないことが幸せに生活する上で重要となるでしょう。

 

実際にリアルで見たり聞いたりした苦しんでいる正社員たち

ここでは、実際に正社員で苦労していた人たちの例を紹介します。

40年近くも会社に勤めた末に身体を壊して過酷な現場に異動となった人

40年近くも働いたものの、定年間近の時期に身体を壊してしまい、管理職から現場に異動となった人がいました。この現場は30代でも体力的に厳しい職場で、50代後半ではとてもついていけません。
しかし、その人は退職金が必要なことや今さら他の仕事に行くわけにはいかないため、必死に現場で働き続けています。

その人が就職した時代では「この会社にいれば将来は出世して安定した生活を送れる」と考えていたのでしょう。実際に管理職となり安定した生活を送っていたのでしょうけれど、身体を壊してしまえば会社は冷たい対応をしてきます。

このような例を見てしまうと「自分も40代や50代で身体を壊したら同じ目に遭う」と考えて将来に不安をいだいてしまうのは当然のことでしょう。

40代で管理職まで出世したのに組織再編による異動で過酷な現場に来た人

順調に出世して40代で管理職となった上司がいました。しかし業績の低迷による組織の再編によって管理職のポストが激減し、未経験の現場で店長として働くこととなりました。
40代では体力的に厳しい職場だったので普通なら辞めていてもおかしくない状況です。
しかし、既に結婚して子供がいるので、生活するために辞めるという選択肢は無いのだと言っていました。

正社員として長く働いてしまうと他の企業への転職をためらってしまいます。特に家族がいるとなおさらでしょう。
こうなると会社に依存するしかなく、どれだけ厳しい条件を突きつけられても働き続けることを選んでしまうようです。

フリーターから正社員になった瞬間にいきなり店長を任されて1年で全員が辞めた例

とある年に、フリーターから正社員に3人が登用されました。
しかし、この3人は1年で全員が辞めました。
事情を知る社員に聞いてみると、3人は正社員になった直後からいきなり店長を任されたそうです。
フリーターからいきなり店長です。ノウハウなど無く、いままで同じ立場だった人たちを指揮していかなくてはいけません。

この環境でも成功する人はいるでしょう。しかし実際には3人とも退職していますのであまりにも過酷だったのでしょう。

企業によってはこのような無茶がまかり通ります。そして、正社員は企業からの指示を原則として拒むことができません。

指示を受けるか、退職するかのどちらかしか選択肢はないのです。
正社員は魅力的な条件が付きますが、依存してしまうのは大きなデメリットでしょう。

 

まとめ

正社員として働くのなら、会社に依存しては不幸になります。

あなたにしかできない仕事を作り出すことを目指して働かなければ、会社の業績が悪化したときに後悔するでしょう。
現代の正社員は安泰ではありません。

転職を視野に入れて働くことが自分の身を守ることにつながります。